掃除と洗濯

家政婦に代行して欲しい仕事のトップは、やはり掃除と洗濯です。料理は好きだけど掃除は嫌い、という方は少なくありません。何故なら、掃除と洗濯は、前述の通りマイナスをゼロに戻す仕事であるため、常に綺麗にしているほど仕事ぶりが評価されにくいものでもあります。一般の主婦が家事を過小評価されてきたのも、見た目の変化が感じられないことにあります。実際には、一日でもゼロに戻すことができないと、家の中はゴミやほこりがたまり、物が散乱し、不快な状況へと変わってしまうのです。

家政婦に求められることは、マイナスが目につき始める前にゼロに戻すことなのです。ご存じの通り、物は物理的に少しずつ劣化していきます。家も同様で、新築の状態から時を経るにしたがってどこかしら傷みが目につくようになっていきます。壁のシミや床の傷、台所のシンクのくもりなど枚挙にいとまがありません。家政婦を雇ったところで、古いものが新しくなることはありませんが、その時出来得る限り最良の状態にすることが求められます。

洗濯も同様で、衣類は洗う毎に劣化していきます。色のくすみ、形崩れなど、物は時間の流れに正直です。それをできるだけ進行を遅らせる事ができる家政婦は、優秀であると言えるのです。