東京の家政婦のリスク

主婦経験があれば、誰でも家政婦になれると言うわけではありません。雇う側のリクエストに応じる事ができる技術が必要なのです。料理の腕前や掃除や洗濯のクオリティ、子育て術、対応の良さは当然一定水準以上のものを要求されます。更には、家で働いてもらうわけですから、見た目の清潔感は重要です。当然人間ですから、派遣先の家族との相性が悪い可能性もあります。勤務先の家庭からのクレームで解雇された家政婦も少なくないのです。

東京の様に人材が豊富な場合、いつでも代えがきくことから、比較的簡単に契約が切られてしまうというデメリットがあります。家政婦に限らず、全ての職業に同様のことが言えますが、直接雇用ではないので、依頼する側には家政婦に対して何ら義務はありません。契約更新をしなければ良いのです。

契約を更新し長期で雇用されるためには、全ての仕事が合格点でなければならないのです。これだけは誰にも負けないという付加価値を身に着ければ、東京などの大都市ではそのスキルを求める家庭とのマッチングの可能性が高まります。代価に見合うサービスを期待するのは当然のことで、常に支払う側の方が強い立場にあることに変わりはありません。人材市場での価値を高め、維持することはいかなる職業においても必要不可欠です。