子どものいる家庭

子どものいる家庭で、ご両親が共働きというケースは珍しくありません。むしろ東京など都心部では大半の家庭が夫婦共働きです。その理由の一つに家賃相場が地方に比べて高い事が挙げられます。職場が東京にある場合、どうしても日々の生活のために夫婦が家事を分担しながら働かざるを得ないのです。そのため疲労から夫婦関係がぎくしゃくしたり、精神衛生上良くない環境になりがちです。それを緩和する方法の一つが家政婦を雇うことです。

最初こそ気を遣いますが、雇用関係が確立すると他人が家の中で仕事をする状況に慣れてしまいます。何よりも子供がいる家庭にとって、夫婦二人だけでは人不足なため、どちらかの親に一時的に子守りをお願いする事もありますが、毎日と言うわけにはいきません。親には親の生活があり、自由な時間を過ごす権利があります。自分たちの生活を維持するために親の生活を犠牲にすることはできません。

家政婦の多くは子育て経験者ですので、子どものいる家庭にとっては安心して任せる事が出来ます。家事は常にゼロに戻す仕事で、目に見えて評価されにくものです。けれども、毎日少しずつマイナスが積み重なると、結果的には大きなマイナスとなり、ゼロに戻すことが困難になってしまうのです。プロの家政婦に家事を任せる事で、自分たちでやるよりも快適な住環境が維持できるのです。