家政婦利用者の声

家政婦を雇っている方の生の声ほど説得力のあるものはありません。しかしながら、近年はサクラや企業側の自作自演も多く、どれが真実の声か判断するのは難しくなっています。できるだけ多くのサイトを閲覧し利用者によるコメントを確認してみました。すると、異口同音の意見が多く、家政婦を必要とする状況はいくつかのパターンに分ける事が出来ました。

東京など都市部で最も多いのは一人暮らしの方で、普段仕事をしていて平日の家事が滞り、休みは溜まった家事で終わってしまうというのが共通の悩みとしてあります。自分の時間が取れないだけでなく、仕事と家事でくたくたに疲れてしまい、気力が萎えてしまうのです。家政婦により家事の一部、あるいは全部を任せる事でプライベート空間が快適に保たれ、リフレッシュ効果をもたらします。また自分の時間も出来るので、外出したり趣味を楽しんだりと、充実した日々を送ることができるのです。

家政婦を必要とする家庭の問題の一つに、介護を必要とする家族の存在が挙げられます。介護する家族の心身を圧迫し、追い詰められた結果家庭内暴力やうつ病、最悪のケースでは命を落とす事件まで起きています。介護施設を利用している場合でも、何か少しでも問題があると施設から家族が呼び出されるなど、問題は山積です。家庭で介護する家族にとって、寄り添って手を貸してくれる家政婦の存在は大きいのです。

また、子育て中の夫婦にとっても家政婦の存在はありがたく、子育ての経験のある家政婦の場合、いざと言う時にとても頼りになると好評です。家政婦の存在が家族の心を健康に保つのに大きな役割を果たしているのです。