東京で急増する家政婦

かつて家政婦を雇えるのは富裕層に限られていました。しかし、近年は富裕層に限らず家政婦を雇って家事の一部を任せ、その代わりに自分の時間を手に入れる事を優先するケースが急増しています。必要なのは時間なのです。

何のための時間が足りないのか、それは人によって異なります。清掃をビジネスとしている業者に委託することもできますが、土日祝日は対応していなかったり、留守の間の作業ができないケースもあり、求めることの全てを叶えてくれる業者は少ないのが現状です。また、家事代行業者も需要が高まるにつれ増えており、料金もリーズナブルで利用しやすくなっています。

ところが、あらゆる条件がそろっていても尚、業者が家に入ることに抵抗を感じる方は少なくありません。その理由の一つとして、プライバシーを他人に見られることへの抵抗感にあります。それを解消する一つの手段として、外国人による家政婦の派遣が挙げられます。東京を中心に外国人による家政婦の紹介が急増しているのです。

日本人の家政婦に対しては抵抗感があるものの、外国人の場合はその垣根が低くなり、ビジネスと割り切ることができるという声が聞かれます。人間の心理として、たとえば混雑する電車の中で見知らぬ他人となら密着状態でも耐えられるものの、友人・知人など近しい人程距離が近過ぎることに抵抗を感じるものですが、それに近い感覚が働くのかもしれません。

家政婦は今や贅沢や怠惰のためではなく、忙しすぎる現代人のストレスを軽減するために必要なビジネスとして浸透しつつあります。このサイトでは、家政婦を雇うことのメリットやデメリットについてご紹介し、より良い生活の手助けとなれば幸いです。